欲が出ました/ヨシタケシンスケ

私はよく人間という生物について考えます。
他の動物の本当の気持ちはよくわからないですが、人間ってなんでこんなに複雑なのだろうと考える時があるのです。
もっとシンプルに考えて相手を信じて、楽しめばいいのに、と。

そんな時に出会ったのがこの本で、複雑にしていたその一つの答えが“欲”なのではないか?と思わせてくれた本です。
「そうそう、人間ってこうゆうことあるよね」「わたしもそう思うときあるなぁ」と
人間なんてこんなもんで、欲があるからこそその人らしい、人間臭さが出てるんだなと。

人間という生き物をやっぱりおもしろいな、と思える一冊でした。

関連記事

  1. ボローニャ紀行 / 井上ひさし

  2. ブルーピリオド/山口つばさ

  3. チルドレン/伊坂幸太郎