この講義に申し込む

講義内容

ワラバラ探検隊。それは、地域に眠る”宝”を求めんとする者たち
私たちの住んでいる地域には、人知れず眠っている、あるいは忘れ去られている“宝”が数多く存在しています。宝の地図(グーグルマップ)を片手に、日夜宝を追い求めて探検している彼らこそ、江津のお宝ハンター『ワラバラ探検隊』なのです。

※ワラバラ探検隊が追い求める宝とは、人里離れた山奥の滝、何百年も前からその地の人達の心の拠り所となっていた巨石、ひっそりとたたずむ巨木、忘れ去られた遺構など。その他にも、産業遺産や、まちなかにある小さな魅力もターゲットになります。

ワラバラ探検隊の活動は過酷なときもあります。”宝”によっては、人口減少や高齢化に伴って管理ができなくなり荒れ地と化した場所にあります。そういうときは過酷です。
探検道中には、野生動物とエンカウント(遭遇)したり、蜂に追いかけ回されるかもしれない。
足場が悪く滑って転んで怪我をしてしまうかもしれない(事務局Oの体験談)。
もしかしたら、宝にかけられた封印を解いてしまい、番人に襲われてしまうかもしれない(インディージョーンズ的な)。

しかし、その先に眠る”宝”を見つけたとき、さしずめ金銀財宝満載の宝箱を開けたときのような感動を味わうことが出来るはずです(本当に金銀財宝をみつけてしまったら、税務署には内緒でみんなで山分けだ!!)

 

求む!ワラバラ探検隊入隊希望者
探検隊の戦いは、宝を見つけることだけにあらず。
道中に起こる様々なハプニングや、偶然出会った地元の人たちとの交流を楽しむことを心掛けています。
さあ、私たちと一緒に地域に眠るお宝を探し求め、再生・再発見していく旅に出かけようではありませんか。

 

第7期は、江津市桜江町大貫にある『屏風岩』を目指す。
江津市の中心を貫くように流れる大河・江の川。江の川沿いのとある山の中腹に鎮座する大きな岩があります。地元では『屏風岩』と呼ばれていて、今回の探検はこの大岩をめがけてアタックします。江津市民のほとんどの人はこの岩の存在を知りません。そんな『屏風岩』の秘密や魅力に迫ります。今回の登山には、地元の方にガイドをお願いしています。地元の方いわく「屏風岩からの景色を見たら、価値観が変わるよ」とのこと。また、かなり過酷な探検・山登り(往路2時間半想定)になることが予想される今期。重戦車・オダワラ旅団長の膝(と呼吸器)が悲鳴を上げる……!?

山の中腹にどどんと佇む『屏風岩』

ワラバラ探検隊の様子はコチラのブログで様子をご覧になれます。

講義概要

ワラバラ探検隊 ~地域に眠る”宝”を追い求める~

日程・時間
12月27日(金) 10:00~15:00
※講義の状況により、終了場時刻が前後する場合あり

授業料(税込)
1,000円 ※保険代込

キャンパス
屏風岩(江津市桜江町大貫付近)
※甘南備寺(江津市桜江町坂本3842-1 )横にある登山口から登ります。

定員
3名 ※体力に自信のある方

教授
ワラバラ探検隊
地域の方(ガイド)

つくるマスター
ワラバラ探検隊

開講決定日(申込締切日)
12月24日(火)まで受付中

講義計画
下記すべての講義を受講できる方が申込み可能です。
受講の流れ・キャンセルポリシーについて(必ずご確認ください)

活動時間 10:00~15:00 「ワラバラ探検隊、探検ス」

探検隊の活動は、地域の宝をこの手でたのしく探し出していきます。一緒に、宝探しの旅にでかけましょう。
※活動時間は状況により前後する可能性があります。

ネット予約方法
1.表示された講義をクリックすると3種類の予約方法が表示されます。
2.予約方法を選択します。
会員登録をすると履歴管理やキャンセル待ちなど便利な機能が使用できます。
※会員登録をせずに予約することも可能です。
3.必要情報を入力し、内容を確認後、登録してください。
4.システムから自動返信メールが届きます。
メールが届かない可能性がある為、「info@go-tsukuru.net」からメールが届くように設定をお願いいたします。携帯電話等のメールアドレスでは、受信設定をしないとメールが届かない場合があります。
<注意>メールアドレスの@の前に「.」があるメール(例:abcde.@keitai.ne.jp)は大学側のメールが受信できないアドレスです。こういったメールアドレス以外をご登録ください。⇒@の前に「.」がつくメールアドレスの不具合について(https://support.microsoft.com/ja-jp/help/940620
5.該当の講義が表示されない場合、「カレンダーから選択」から講義の開催日を選択し直ししてください。
*ご不明な点は、事務局までご連絡ください。

この講義に申し込む

こんな方にオススメ

・探検が好きな人
・体を動かすことが好きな人
・地域の歴史に興味がある人
・地域資源を守りたいと思っている人
・おもしろいことが好きな人

持ち物、その他注意事項

・動きやすく、汚れてもいい服装(長袖・長ズボン推奨)滑りにくい靴、グローブ、飲料水などをご準備ください。
・往路は2時間30分程度かかる見込みです。比較的急斜面をのぼる登山となります。休憩はしっかりととりながら登る予定ですが、体力面を考慮しお申し込みください。