この講義に申し込む

講義内容

マンガ、みなさんは読みますか?

ひと昔前までマンガは「子どもが読むもの」でした。そのひと昔前の「子ども」たちが今は大人になったこともあって、マンガは広く読まれるようになっています。「またマンガなんか読んで!勉強しなさい!」と言われたのは遠い昔……。

世界でも屈指のマンガ大国・日本。毎年多くの作品が世に出て、漫画家もたくさんデビューしていますよね。電気街だった東京・秋葉原も今では「マンガ・アニメの集積地」で有名になり、マンガに関するイベントが盛んです。さて、地方はどうでしょう? 漫画家や出版社が集中する東京から最も遠い、と言われたこともある島根県江津市。もちろん書店でもネットでもマンガは東京と同じように手に入れることはできますが、読むこと以外に「マンガ」というものに触れる機会はなかなかありません。そこで、「マンガをテーマにした講義」を企画しました。

この講義では、ネットを中心に作品を発表されている漫画家・央伸さんを教授にお迎えします。そもそも島根に漫画家がいたのか!という驚きもありますが、そんな方がいるのなら、マンガのおもしろさをとことん教えてもらいましょう!

 

 

マンガづくりに重要な「観察」とは?

央伸教授曰く、マンガを描くポイントの一つに「観察」があるそうです。キャラクター設定やストーリーづくりはもちろん、背景描写などにも「観察」はとても重要だとか。

みなさんが過去に読んだ作品の中で、「やたらとリアルな人物描写だな」と思ったことはありませんか?作品の種類にもよりますが、そういったリアルさや親近感をいだいたりするのは、漫画家が実際の人物や団体、事件などを取材して作品をつくりあげていることが背景にあります。実話系は除くとして、マンガはフィクションのものが多いですが、そういった漫画家の緻密な取材、描写が現実以上のリアル感を生み出していることも少なくありません。(つくるマスターの私は、「健康的で文化的な最低限度の生活(小学館)」を読んで、そんな印象をいだきました)

マンガを知れば、暮らしが面白くなる!?

漫画家がマンガを描くときに、どんなことを考え、どんな視点で世界を観察しているのか? そんな漫画家の世界を知ることで、普段読んでいる作品や、過去に読んだ作品を読み返してみると、さらにマンガがおもしろくなること間違いなしです。

 

 

日程

下記すべての講義を受講できる方が申込み可能です。
受講の流れ・キャンセルポリシーについて(必ずご確認ください)

第1限 1月13日(日) 9:00~10:30
第2限 1月13日(日) 10:30~12:00
第3限 1月13日(日) 13:00〜14:00
第4限 1月13日(日) 14:00〜15:30

ネット予約方法

1.表示された講義をクリックすると3種類の予約方法が表示されます。
2.予約方法を選択します。
会員登録をすると履歴管理やキャンセル待ちなど便利な機能が使用できます
※会員登録をせずに予約することも可能です。
3.必要情報を入力し、内容を確認後、登録してください。
4.システムから自動返信メールが届きます。
メールが届かない可能性がある為、「info@go-tsukuru.net」からメールが届くように設定をお願いいたします。携帯電話等のメールアドレスでは、受信設定をしないとメールが届かない場合があります。
5.該当の講義が表示されない場合、「カレンダーから選択」から講義の開催日を選択し直ししてください。
*ご不明な点は、事務局までご連絡ください。

この講義に申し込む

講義について

キャンパス GO▸つくる大学メインキャンパス(江津市江津町1517-35)
教授 央伸
つくるマスター 盆子原照晶
授業料 5,000円 / 学割:2,500円 ※別途教材費500円(教材費は当日徴収します)
定員 10名
開催決定日 1月7日(月)

講義計画

第1限 漫画家を知る マンガ制作の一連の流れについて

・教授の自己紹介。
・教授の描いた短編マンガを通してマンガ制作の一連の流れを知ろう。

第2限 マンガを知る キャラクター設定について

・キャラクター設定について色々な角度から深堀りしてみよう。

第3限 マンガを描く キャラクターを描いてみる①

・実際にキャラクターを描く体験をしてみよう。

第4限 マンガを描く キャラクターを描いてみる②

・3限目に描いたキャラクターを各々発表しよう。(自己紹介も兼ねて)
・キャラクター作りの一環である「人間観察」を普段の生活にも生かしてみよう。

こんな方にオススメ

・マンガ好きな人、漫画家の話を聞いてみたい人
・絵を描くのが好きな人
・マンガを描いてみたい人
・人間観察が好きな人

持ち物、その他注意事項

・筆記用具