自分がしたい暮らしって何だ学

現在募集しておりません

この講義のレポートはこちら

講義内容

オーストラリアの最東端に位置する小さな街、バイロンベイの魅力を滞在記とともに迫ります。人口8,000人の町に訪れる観光客は、年間100万人。どうしてそんなに多くの人がやって来るのでしょうか?

オーストラリア随一の食環境(オーガニック)とクラフトビール、ヒントになるゲストハウス。さらに注目したいのはマランビンビーやバンガローの街で開催される独特のコミュニティと呼ばれるファーマーズマーケットやサンデーマーケット。世界屈指のオーガニックタウンを徹底レポートします。

自分がしたい暮らしって何だ学

江津とバイロンベイの単純比較をしようとは考えていません。なぜならそれぞれの良さがあるからです。ただ国際色豊かな町に集まる人、そこにあるモノ、できごと、これらを知ることで今私たちが暮らしている江津の町にアクセントを与える、もしくは自分への刺激が生まれるかも知れません。もしあなたが「この町には何もない」と思うのならば、海外の小さな町から得られるヒントで「何か生み出す」ことはできるのではないでしょうか?

自分がしたい暮らしって何だ学

バイロンベイの様子を写真や映像で徹底的にお伝えし、なぜ人気があるのか、その裏側にはどんなアイデアや考え方があるのか?そこに住んでいる人はどんなことを考えて、何を大切に暮らしているのか?それを知った上で、私たちの日々の暮らしにどんなヒントが得られるのでしょうか?

自分がしたい暮らしって何だ学

自分のことをわかっているようでわかっていなかったり、どんな暮らし、どんな仕事、何よりどんな生き方をしたいのか、改めて考えてみるトリガーになるかも知れません。この講義にはそんなヒントがたっぷりつまっています。

日程

講義は、全5限で3月4日に開催されます。
下記すべての講義を受講できる方が申込み可能です。

第1限 3月4日(日) 9:00〜10:00
第2限 3月4日(日) 10:15〜11:15
第3限 3月4日(日) 11:30〜12:30
第4限 3月4日(日) 13:30〜14:15
第5限 3月4日(日) 14:30〜16:00

 

講義について

キャンパス 蔵オフィス(「蔵庭」内スペース)http://kuraniwa.jp/
教授 戸田耕一郎
(ゲスト教授:料理人 / 戸田 望)
授業料 4,500円(全5限)※昼食代込み
定員 16名
開催決定日 現在は募集しておりません

講義計画

第1限 「バイロンベイ滞在記 その1 〜バイロンベイってこんな街〜」

写真と映像でバイロンベイのリアルな魅力を見てみよう!

第2限 「バイロンベイ滞在記 その2 〜暮らす人々、大切にしていること〜」

どんな人が暮らしていて、一体どんなことを考えているの?

第3限 「私が行ったこの国の話、これから行きたい国のこと」

あなたにとっての海外旅行とは?みんなの体験談を発表しよう!

第4限 「旅を通じて自分と向き合ってみよう」

今の自分の暮らしと仕事。これからの暮らしと仕事。海外旅行を通じてこれから自分がしたいこと、やりたいことを考えてみよう!

第5限 「私が望んでいる暮らしはこれ!」

バイロンベイに感じたこと、暮らしになるヒント、石見の町で活かしたいこと、自分の暮らしに活かしたいことを発表してみよう!

こんな方にオススメ

・海外旅行に行きたいと思っている人、行ったことがある人
・今の自分の暮らしや仕事に不満があって何かをもっと変えたいと思っている人

持ち物、その他注意事項

昼食は、「バイロンベイのランチと言えばこれ!を作ってみた!」を企画しています。(ゲスト料理人:戸田望さん)