この講義を申し込む

講義内容

暮らしの中から生まれるアート
みなさんにとって、アートって身近なものでしょうか?美術館やギャラリーに行って観たり、体験したりする、特別なものでしょうか?

この講義では、「暮らしの中で生まれる一人ひとりの創造性」をアートととらえます。それは自分を、人を、ちょっとだけ幸せにするギフトになります。

今回は自分の大事な人に渡す、カードと封筒づくりをとおして、アートにふれていただければと思います。渡す相手の顔を思い浮かべて、こころの中の思いをメッセージにしましょう。

身構えずに楽しむ、感じる
カードは絵の具を使ってつくります。絵の具を使うといっても、何かを上手く描かなければと身構える必要はありません。「デカルコマニー」という、偶然にできる色や模様を楽しむ体験します。手を使って、感覚を開きながら、いろんなサイズのカードで遊んでみましょう。

封筒は、展覧会やイベントのチラシを切り貼りしてつくります。普段は広告物として見ているチラシも、切って、色ごとに素材として見てみると、新たな美しさやおもしろさ、デザイン性を発見できるかもしれません。切った紙片をパズル遊びのように組み合わせて、オリジナルの封筒をつくりましょう。

カードと封筒ができあがったら、受講生のみなさんで鑑賞会をします。自分が感じた美しさ、他の人の作品から見えたおもしろさを伝えあいましょう。自分以外の感性を知ることで、作品を見る目も豊かに広がっていきます。

最後は、一人ひとりの静かな時間です。カードを渡す相手の顔を思い浮かべながら、ゆっくり、こころの声を言葉に紡いでみましょう。

こころが自由で素直になった時間が自分への、そしてそのこころから生まれたものが相手への、かけがえのないギフトとなれれば嬉しいです。

栗山教授より
学芸員になりたいと思い美術大学に進んだのですが、初めて受けた授業で、それまでの価値観が揺らぐ言葉に出会いました。
「芸術・文化的なもののなかにいて、芸術や文化を知らない人は多い。芸術・文化的なものを知らずに、真に芸術的で文化的な人も多くいる。小綺麗な手で、美しいものはうめない」
と。私にとっての「アート」という概念が広がって、人が生きている、暮らしの中の、息づかいからうまれるものを見つめていこうと思いました。
今回の「デカルコマニー」や「手紙」というのもひとつの方法です。一人ひとりが自分だけのこころの姿を正確に人に伝える術が手に入れられるように。そのためのヒントのようなものを一緒に見つけていきたいと思います。

日程

講義は、全5限で7月28日に開催されます。
下記すべての講義(第1限~第5限)を受講できる方が申込み可能です。

第1限 7月28日(土) 13:00〜13:30
第2限 7月28日(土) 13:30〜14:20
第3限 7月28日(土) 14:30〜15:20
第4限 7月28日(土) 15:30〜16:10
第5限 7月28日(土) 16:10〜17:00

ネット予約方法

1.表示された講義をクリックすると3種類の予約方法が表示されます。
2.予約方法を選択します。
会員登録をすると履歴管理やキャンセル待ちなど便利な機能が使用できます
※会員登録をせずに予約することも可能です。
3.必要情報を入力し、内容を確認後、登録してください。
4.システムから自動返信メールが届きます。
メールが届かない可能性がある為、「go.tsukuru@gmail.com」からメールが届くように設定をお願いいたします。携帯電話等のメールアドレスでは、受信設定をしないとメールが届かない場合があります。
5.該当の講義が表示されない場合、「カレンダーから選択」から講義の開催日を選択し直ししてください。
*ご不明な点は、事務局までご連絡ください。

この講義を申し込む

講義について

キャンパス GO▸つくる大学メインキャンパス
教授 栗山千尋
つくるマスター 三浦大紀
授業料 3,500円(全5限)学割:1,750円 ※税込
定員 10名程度
開催決定日 7月20日(金)

講義計画

第1限 「ご挨拶」

教授の自己紹介、参加者の自己紹介の時間です。

第2限 「デカルコマニーでカードをつくりましょう」

絵具を使って偶然にできる色や模様をカードに描いていきます。

第3限 「コラージュで封筒をつくりましょう」

展覧会やイベントのチラシを素材にして封筒をつくります。普段目にしているチラシが違ったものに見えるかも。

第4限 「みなさんで作品を楽しみましょう」

お茶をしながらのフリートークの時間です。つくったカードと封筒を鑑賞しながら、一人ひとりのアートを感じてみましょう。

第5限 「大事な人へのメッセージを書きましょう」

カードを渡す相手の顔を思い浮かべながら、ゆっくり、こころの声を言葉に、文章にしていきます。

こんな方にオススメ

・気軽にアートに触れたい方。アートや表現に苦手意識のある方。
・大事な人にお手紙を書きたい方。
・絵の具を使いたいけれど技法を習いたいわけではない方。

持ち物、その他注意事項

・アクリル絵具、カッター、のりを使います。汚れても構わない服装で、もしくはエプロンを持参でお越しください。
・お子様連れの参加をお考えの方は事前(お申込み前)にご相談ください。